• HOME
  • 合格者の声
  • 受講を決意して不思議と安心感と自信を感じられるようになった

合格実績

神戸松蔭女子学院大学大学院 文学研究科 合格

受講を決意して不思議と安心感と自信を感じられるようになった

大阪府   ぽのぽの さん

受講講座: 心理英語講座 

入試年:2021年度・秋入試  合格

合格校: 神戸松蔭女子学院大学大学院  

受講を決意して不思議と安心感と自信を感じられるようになった

大学内にて、4年生から実際の過去問を用いたより本格的な対策授業が始まり、一番初めに感じたこと、それは長文読解(英語)の難しさでした。心理の内容はもちろんのこと、英単語、文法上のさまざまなルールの復習など、英文読解で必要とされる課題の多さに、一時パニック状態になってしまうこともありました。そんな時、偶然目にしたサイトがこの『心理系大学院 入試対策講座』でした。予備校よりも費用がかなり抑えられること、心理、英語のどちらの内容もしっかりと踏まえたテキストの充実度、何よりも自身の解答に対して添削してもらえるという点に惹かれ、受講を決意しました。受講を決意した際には、不思議と安心感と自信を感じられるようになったのを覚えています。

心理英語の勉強法とこの講座の利用法

大学の対策授業において、課題として出された過去問の解答例を用いた復習に加えて、隙間時間に単語を暗記したり、自習用テキストを用いたりしていました。また専門科目の勉強を、3年生から少し早めに始めることで、英語の勉強と同時に進められるように工夫をしていました。講座の利用法としては主に、自習用テキストの解説において、必須となる文法事項、注意すべき表現法と共に、長文の形式に慣れることを重要視していました。ある程度自信がついたかなと思えるようになった段階で、添削問題冊子を用いて答案を提出し、より具体的な注意点、私自身の癖等を明らかにしていただくことで、より改善点が具体化されました。

短い時間内で長文問題を解くという厳しさはある

60分間という決められた時間の中で、2題の長文を解くというチャレンジはやはりとても厳しいように感じました。また紙辞書の持ち込みが可能だったのですが、私の場合、『心理院単』の中に記載されていたものは、なるべく辞書を引かないようにする、という心構えで挑みました。片方は短めの長文を全訳するもの、もう片方はより長めの長文を要約するものでした。長文を読み進めるにあたって、「この内容は○○先生の領域のものなのではないか?」といったように、予想を立てることで、よりスムーズに内容が整理されたような気がしています。

不安と焦りで押しつぶされそうな日々の中にも必ず光はある

先生方に合格と認めていただけたことに、しっかりと責任感と誇りを持ち、院生1年生として新たなスタートが切れるよう、これからも精進していきたいと考えています。一時は、就職というもう1つの道を考えなければならないと思うほど、覚悟を持って、全気力を注いで挑んだ受験でした。自分の目指すべき道が定まっていない中で、受験対策に向けて、何を具体的に行う必要があるのかもわからないという状況は、不安と焦りで心身が押しつぶされそうな日々でした。『心理系大学院 入試対策講座』はそんな私を救ってくださいました。「必ず光はある!」と私は信じています。これから挑戦される皆様に、幸ある未来が訪れますように。

湯川彰浩から一言

デルタプラス・湯川から一言
この受講者さんも書いていらっしゃるように心理英語の入試は、心理系の長文和訳問題がよく出題されます。そうなると、テクニカルタームも含めた単語の意味、英文法の理解、構文の解釈が正しくできないと、合格点の取れる和訳を書くことはできません。ただ、全部一からやるとなると、膨大な量なのでパニックになるかもしれません。だからこそ添削指導を受けて何が弱点かを見つけ、補完すべき事項を把握していくことが近道となるわけです。

無料資料請求はこちらからどうぞ

当社の添削講座にご興味のある方に、『心理系大学院 入試対策講座』のパンフレットをお届けします。パンフレットには心理系大学院の受験の流れ、講座の詳細内容、学習サイクルなどが詳細に記載されていますので、ご一読いただければ、当講座のことをより具体的にイメージしていただけるはずです。

郵便番号 (ハイフン付でご記入ください。例:107-0052)
都道府県名
住所(都道府県以下の住所)
※資料をお届けする住所を正確にご記入ください。
メールアドレス
※資料の発送が完了しましたら、メールでお知らせします。
心理英語講座 心理系大学院 専門科目講座 心理系大学院 研究計画書講座

心理系大学院入試対策講座・合格校一覧