合格実績

横浜国立大学大学院 教育学研究科 合格

他より求めやすい価格が決め手に

神奈川県   E さん

受講講座: 専門科目講座 

入試年:2013年度入試  合格

合格校: 横浜国立大学大学院  

他より求めやすい価格が決め手に

私は現在、高校教員をしており、担当教科は理科です。したがって、心理学は初学者であり、大学時代も含めきちんと授業を受けたこともありませんでした。ただ、個人的な興味から放送大学の心理学関連の講座を受け、単位を取得したりしていました。それでも、メンタル面の問題で通常の学生生活を送れない生徒に対し、教師として満足な対応ができずにいたことに納得ができず、臨床心理の勉強を本格的に行うため、大学院に行こうという気持ちに思い至りました。
いろいろな本を入手し、勉強を始めてみましたが、入試問題を見てみると、あまりにも難しく、漫然と本を読んでいるような勉強方法では合格は望めないと思いました。また、忙しい仕事の合間を縫って勉強するためには、ペースメーカーが必要だと考え、多くの通信講座のサイトを調べて行きついたのが、『心理系大学院 入試対策講座』でした。最大の決め手は、他より求めやすい価格であるということです。

文章にまとめてみると理解できていない部分がわかる

講座を通して、ある程度わかったつもりでいるものでも、文章にまとめてみると理解できていない部分が判明しました。また、添削していただいた内容をじっくりと復習し直すことで、より理解を含め、間違った認識を正すこともできました。心理学を専門的に勉強したことのない私にとっては、基礎部分をマスターすることもなかなか大変でした。仕事の行き帰りも添削済み答案をプリントアウトして持ち歩き、暇さえあれば読むようにしました。また、メルマガで送られるテクニカルタームの解説もプリントアウトして教材にしました。

本番の試験では何とか時間内に解答することができた

英語に関しては、専門科目と並行して添削講座を受けるのは心理的な負担が大きいと考え、『Understand Psychology』という比較的簡単な本を、単語を調べながら自分のペースで訳していくことにしました。普段から英語を使っているわけではないので、最初の頃は文法の理解が曖昧で、単語力が不足していることもあり、本当にスローペースでしたが、だんだん早く読み進めることができるようになりました。全文を2回読んで、試験が近くなると自分で時間を計って、ノルマを決めて読み進めるようにしました。数十年前の大学受験の頃の力は取り戻せていませんが、実際の試験では何とかギリギリの時間で訳し終えることができました。私の受験した大学院は、中程度の辞書の持ち込みが可能だったので、日頃も電子辞書ではなく、辞書を使って訳すようにしました。英語に関してもメルマガの情報は、もれなく確認するようにしました。

忙しい社会人にとっては日々の積み重ねが大きな効果に

仕事をしながらの受験準備は、思うように進まず、それがイライラのもとになったりもします。私は、時間のないときでもメルマガの内容を確認することを最低限のノルマにしました。これは、小さなステップの積み重ねかもしれませんが、モチベーションをキープするのには役立ったかと思います。勉強する時間がたっぷりある学生とは異なり、仕事をしながらの受験勉強は本当に大変ですが、土日だけまとめて取り組むより、毎日の小さな積み重ねの方が大きな効果があると実感しています。これから指定大学院にチャレンジされる皆さん、是非とも頑張ってください。

無料資料請求はこちらからどうぞ

当社の添削講座にご興味のある方に、『心理系大学院 入試対策講座』のパンフレットをお届けします。パンフレットには心理系大学院の受験の流れ、講座の詳細内容、学習サイクルなどが詳細に記載されていますので、ご一読いただければ、当講座のことをより具体的にイメージしていただけるはずです。

郵便番号 (ハイフン付でご記入ください。例:107-0052)
都道府県名
住所(都道府県以下の住所)
※資料をお届けする住所を正確にご記入ください。
メールアドレス
※資料の発送が完了しましたら、メールでお知らせします。
心理英語講座 心理系大学院 専門科目講座 心理系大学院 研究計画書講座

心理系大学院入試対策講座・合格校一覧