合格実績

日本福祉大学大学院 社会福祉学研究科 合格

添削講座があったからこそ合格できた

三重県   Y.S さん

受講講座: 心理英語講座  専門科目講座 

入試年:2010年度・秋入試  合格

合格校: 日本福祉大学大学院  

講座を受講したきっかけ

私は、大学院受験を決意するまでに非常に時間を要しました。大学院で心理学をより深く研究したいという気持ちは強く抱いていましたが、受験に向けての学習方法がまったく分からなかったからです。そこで、インターネットで情報を探していた時、あるサイトで手が止まりました。臨床心理士指定大学院受験情報局……それがデルタプラスさんだったのです。心理英語と専門科目の添削講座というのを拝見し、通信制の点にも惹かれ、即メルマガと添削講座を申し込みました。

英語と専門科目の勉強法

英語に関しての学習方法は、基本的には市販のテキストと『ヒルガードの心理学』を用いて、和訳に徹底しました。それに加えて、『臨床心理士指定大学院 入試添削講座』で配信される問題を解き、答案を提出し、返却された添削済み答案をもとに復習をしていました。専門科目に関しては、市販のテキストや配信される問題や解答を用いて、自分なりにノートに整理する形で重要語句を書き出していきました。専門科目の論述を練習する時は、辞書を引きながらでもなるべく自分の言葉で一語一語の解説をノートにまとめるということが大切だと思います。

添削指導で学習効率が高まった

添削講座では英語と専門科目の添削に加え、研究計画書の添削もしていただき、私自身の学習効率が非常に高くなりました。返却された添削済み答案は丁寧でわかりやすく、復習しやすいもので何度も復習に活用しました。また質問にも回答してくださり、分からない箇所はすぐ理解でき、大変助かりました。大学院入試本番では、行きの電車でも会場に到着しても緊張し、もしこの試験が駄目だったらどうしようと不安にも駆られましたが、今まで自分がやってきたことを信じて挑みました。受験中、ノートや講座の問題等を思い出しつつ、それに似た問題が本番でも出題されたので、少し安心しました。

添削講座があったからこそ合格できた

私は、『心理系大学院 入試添削講座』があったからこそ合格できたといっても過言ではありません。心理英語・専門科目ともに、過去の出題傾向から予測した問題が配信されるため、その問題と関連した事柄も学習していきました。私が途中、受験勉強を休んでいて、解答用紙の提出がたまってしまった時はメールが届き、やらなければならないという気持ちにさせてくれ、それがまた力にもなりました。講座を始める前にスタートメールと一緒に届く自習用テキストも、問題の解き方や最良の解答の構成等の詳しい説明があり、基礎を学ぶことができました。心理英語の添削講座に関しては、自習用テキストにテクニカルターム集がついてくるため、市販の単語集よりも重宝しました。

受講を考えてらっしゃる方へメッセージ

大学院の受験を考えている方々、是非この添削講座を受講することを私はお勧めします。信頼性のある講座と共に自分を信じて学習し続けていれば必ず「合格」は掴み取れると思います。私は他社の講座をいくつか拝見しましたが、これほど格安で中身の良い講座はありません。非常に感謝しています。丁寧にご指導して下さり、ありがとうございました。そして受験生の皆さん、これから辛く辞めたいと思う時があるかもしれませんが、自分に負けず、頑張ってください!!

無料資料請求はこちらからどうぞ

当社の添削講座にご興味のある方に、『心理系大学院 入試対策講座』のパンフレットをお届けします。パンフレットには心理系大学院の受験の流れ、講座の詳細内容、学習サイクルなどが詳細に記載されていますので、ご一読いただければ、当講座のことをより具体的にイメージしていただけるはずです。

郵便番号 (ハイフン付でご記入ください。例:107-0052)
都道府県名
住所(都道府県以下の住所)
※資料をお届けする住所を正確にご記入ください。
メールアドレス
※資料の発送が完了しましたら、メールでお知らせします。
心理英語講座 心理系大学院 専門科目講座 心理系大学院 研究計画書講座

心理系大学院入試対策講座・合格校一覧