臨床心理士指定大学院 入試対策講座 > 合格実績と受講者の声 > ここからが再スタートだと奮い立たせて勉強法を方向転換

ここからが再スタートだと奮い立たせて勉強法を方向転換

臨床心理士指定大学院 入試対策講座 【合格大学院】
京都光華女子大学大学院 心理学研究科
京都ノートルダム女子大学大学院 心理学研究科


奈良県 Y・Hさん
心理英語基礎講座専門科目基礎講座を受講

他学部からの受験で毎日不安に駆られていた
私は心理学部ではなく、他学部からの受験だったので、心理学の基礎知識がまったくなく、受験を決めた際はとても不安でいっぱいでした。心理学の参考書を開いても、聞いたことも、見たこともない単語ばかりで、本当にこんな私が受験に臨めるのか、毎日不安に駆られていました。実際に9月の秋入試に向けて本格的に勉強をし始めたのは2月からでしたし、実際に独学ではどこまで力がついてきているのかがわかりませんでした。また、過去問を解いても答えがないため、何が正解で何が間違いなのかがわからず、日々悪戦苦闘していました。その際、何か自分にとってプラスになる方法はないかと探していたところ、『臨床心理士指定大学院 入試対策講座』と出会いました。この講座には心理学初習者向けの講座が用意されており、私にとってはとても魅力的でした。特に、自分の答案を実際に添削していただけるという点に惹かれ、今まで勉強してきた内容がどの程度力になっているのかを客観的に実感したいという気持ちもあり、4月に受講することを決断しました。

ここからが再スタートだと奮い立たせて勉強法を方向転換
実際に講座を受講してみると、自分自身で力がついてきたと思っていた参考書の内容はまったく頭に入っておらず、第1回目の添削課題の時は絶望と共に焦りを感じ、また今まで何をしていたのだろうと後悔でいっぱいになりました。しかし、私に後悔している暇はない、ここからが再スタートだと奮い立たせ、参考書のみの勉強法から、この講座の自習用テキストを中心とした勉強法に方向転換をしました。
講座の添削問題についてですが、英語に関しては、自分1人では気づくことができなかった訳し方の癖を指摘していただき、テクニカルタームの訳し方なども詳細に学ぶことができ、とても勉強になりました。専門科目に関しては、着目すべき用語や論述での文章の構成法など、とても詳細に指摘してくださり、独学では気に留めなかった内容まで深く掘り下げ、学ぶことができました。この講座を受講して一番の糧となったのは、独学では気づくことが難しい自分の解答の癖に気づくことができたことだと思います。

自分のペースを維持して集中力を途切れさせないこと
実際の入試本番では、他の受験生たちがみんなとても賢そうに見えて、不安でいっぱいになりました。そして緊張感も漂っていました。そのため、周りの空気に飲まれないように自分のペースを維持するように心がけました。私は筆記試験前に目を閉じて深呼吸したりして、できるだけ落ち着いて試験に臨めるように心がけました。
筆記試験に関しては、やはり過去問を参考にすると本番でも焦らず試験に取り組めると思います。過去問はできる限り集めるようにし、傾向を押さえることをお勧めします。専門科目の論述に関してはこの講座で教わった通り、構成に注意して取り組みました。とにかく筆記試験は試験時間が長いので、集中力が切れないようにしてください。日頃から過去問を解く際は時間を計りながら取り組むようにし、自分の集中力がどれほど持続するのかを知っておくことも大切だと思います。私は、過去問に取り組む際、時間を計っていたので、本番では集中して取り組むことができました。また、講座の自習用テキスト、添削問題ともに目安時間が書いてあるので、それを参考に取り組むことで集中力がよりアップしたように感じました。
面接に関してはとにかく事前準備が大切です。私は極度のあがり症で面接が一番不安でした。しかし、事前に家族と面接練習をしたり、質問をあらかじめ予想して対策しておくことで、本番ではあまり緊張せずに自分らしく面接に臨めたように思います。やはり、ある程度事前準備をしておくことをお勧めします。

添削指導で客観的に指摘してもらうことは大切
講座を受けてみて、やはり客観的に指摘してもらうことは大切だということを改めて実感できました。講座を受講するまでは、参考書などを開いてはノート作りをしたり、問題を解き続けたり、英文を訳してみては合っているのかどうか分からずじまいという勉強法でした。正直なところ、力になっているのか不安でしたが、勉強していないとより一層不安になるので、ひたすら解き続ける毎日でした。しかし、講座を受講してみて、今まで気づかなかった自分の和訳の癖や、論述の構成法などを詳細に知ることができ、大学院入試に向けてだけではなく、自分自身にとっても良い勉強になりました。また、添削問題は決められたスケジュールで配信されるので、定期的にテスト感覚で取り組むことができました。一人で勉強している時と比べると、サポートしていただいているという安心感がありましたし、実際に自分の解答を添削して指摘してもらえるので、見直し、復習がはかどるという点がとても良かったと思います。