合格実績

就実大学大学院 教育学研究科 合格
川崎医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科 合格

迷っているくらいならぜひ受講してみてほしい

兵庫県   AA さん

受講講座: 心理英語講座  専門科目講座 

入試年:2018年度・秋入試  合格

合格校: 就実大学大学院  川崎医療福祉大学大学院  

英語はたくさんの量を解き、専門科目は丁寧に手で書いて覚えた

私は3年生の春頃に大学院入試を意識し始め、夏休みが終わるまで、独学で受験対策をしていました。しかし、大学受験とは異なり、大学院入試の情報は少なく、自身の勉強法が正しいものなのか、特に英語の和訳に不安があり、当講座を受講することを決めました。
当講座の利用法としては、自身の勉強法の指針としていた部分が多く挙げられると思います。特に心理英語に関しては、一度問題を解いてみて、添削指導をしていただき、それを徹底的に見直しました。その中で自身の理解が及んでいない部分、例えば、単語力不足、文法力不足などを理解し、他のテキストで重点的に勉強し、また添削指導を受けるために問題を解くということを繰り返し行いました。
専門科目については、最初は3冊ほどテキストを広げて、記述問題を埋めていきました。問題を解いていくうちに、この分野が大事であるだとか、ここが出るならこういうところも出るのではないか、といった勉強すべきところが明確になっていきました。
英語はとにかくたくさんの量を解いたように思います。一方で専門科目は丁寧に実際に自身の手で書いて覚えるようにしていました。

キーワードが出てくる論文はすべて読むべき

研究計画書については、4年生になった時から、卒論と並行して対策を行いました。これは卒論に関連した研究計画を練るかどうかによって、時間のかかる度合いが違うと思いますが、早めの対策が重要だと思います。特に自身がキーワードだと思う言葉が出てくる論文はすべて読むべきだと思います。
研究計画書の添削指導は、自分なりによく調べて提出をしたつもりでしたが、やはり厳しい結果が返却されてきました。しかし、ここで厳しく詰めて研究計画書を見ていただいたことで、実際の面接試験でも落ち着いて自身の計画書の欠点について質問された時に、説明ができたと思いますし、何より見ていただいて、さらに考えが深まり、より面接でおもしろいと言っていただける計画書になったと思います。

本番では手ごたえを感じ、見直しの時間をつくる余裕すらあった

入試本番は、スーツで行きました。しかし、やはり試験の時はネクタイが苦しかったので、ボタンを外して試験に挑みました。私の受けた大学院は前年度とそう違わない形式の問題だったので、落ち着いて対処できた思います。途中、これであってるのかなと不安になることもありましたが、止まっていては時間がなくなるので、そういう箇所は一度飛ばして、とにかく書ける問題からひたすら書くことを意識しました。講座で志望校よりレベルの高い問題を解いていたので、そう考え込むこともなく、手ごたえを感じ、見直しの時間をつくる余裕もありました。このあたりは、講座での勉強が自信になっていたと思います。

講座を受講してみて一番良かったのは添削指導

第一に自身の答案を添削指導していただける点が講座を受講した最大のメリットだったと感じます。一言に「質問紙法について」と言ってもテキストによって書いてある内容は微妙に異なります。このことが受験生にとっては迷いの元になると思いますが、とにかく自分なりの解答をつくって添削指導をしてもらうことが重要だったと思います。そうすることで、自身の答案と解答例を見比べ、記述問題の解答の書き方を学ぶことができたからです。
また、研究計画書の添削指導では自身の考えの甘さを知ることができたと思います。ここで厳しいことを言われていたからこそ、面接試験での圧迫にも耐え、自分なりの展望を伝えることができ、それにより合格に繋がったと信じております。

迷っているくらいならぜひ受講してみてほしい

試験に合格することがゴールではありません。おそらく、大変なのは試験対策以上にこれからの大学院生としての生活でしょう。なので今、試験が終わり卒論を書きながらも、しっかり勉強は続けていこうと思っています。
受講を考えている人は、迷っているくらいならぜひ受講していただきたいと思います。やはり、不安を抱えて勉強することは、精神的にもよくないです。それで不安になり勉学が疎かになるくらいならば、受講することをお勧めします。また、試験勉強だとはあまり思わないでください。大学院に受かったら、また心理士として働くとしたら、今学んでいる知識は必ず役に立ちます。なので、今の勉強をあまり苦痛だと感じないで頑張ってください。

無料資料請求はこちらからどうぞ

当社の添削講座にご興味のある方に、『心理系大学院 入試対策講座』のパンフレットをお届けします。パンフレットには心理系大学院の受験の流れ、講座の詳細内容、学習サイクルなどが詳細に記載されていますので、ご一読いただければ、当講座のことをより具体的にイメージしていただけるはずです。

郵便番号 (ハイフン付でご記入ください。例:107-0052)
都道府県名
住所(都道府県以下の住所)
※資料をお届けする住所を正確にご記入ください。
メールアドレス
※資料の発送が完了しましたら、メールでお知らせします。
心理英語講座 心理系大学院 専門科目講座 心理系大学院 研究計画書講座

心理系大学院入試対策講座・合格校一覧