臨床心理士指定大学院 入試添削講座

12月01日 基礎講座の12月期の受講生を限定10名で募集開始しました
12月01日 完成講座の12月期の受講生を限定10名で募集開始しました
11月10日 仁愛大学大学院の新しい合格体験談を1件追加しました
11月10日 合格実績に合格校を3件アップしました
10月28日 佛教大学大学院の新しい合格体験談を1件追加しました

臨床心理士になるための第一歩は臨床心理士指定大学院に入学することですが、大学院にも大学と同様に入学試験があります。多くの大学院で入試は秋と春に2回実施されており、英語、専門科目といった筆記試験と、事前に提出した研究計画書の内容を踏まえた面接試験を課すのが最もオーソドックスな形式です。

指定大学院の入試では、心理系の知識を前提に、和訳や論述といった難易度の高い問題が出題されます。臨床心理士人気の高まりに伴って、指定大学院の倍率は高くなっており、中には10倍を超える大学院もあります。ですから、筆記試験の結果次第では足切りが行われ、面接試験を受けられないことも!

つまり、筆記試験の科目である、英語や専門科目の点数が合格を左右すると言っても過言ではありません。
そして当社の通信添削講座は、これまで2000名もの受験生が受講してきた実績のある講座ですので、この2つの試験科目を実践的にかつ効率的に学習することができます。

心理英語、専門科目、どちらの講座にも【基礎講座】【完成講座】をご用意しました。
【基礎講座】の方が取り組みやすい易しいレベルで、【完成講座】の方が入試即応レベルの講座となっています。
心理学の初学者の方やこれから入試対策の勉強をはじめる方は、【基礎講座】で心理学の基礎から応用まで学習しましょう。
心理学部に在籍している方や、入試まで時間のない方は、【完成講座】で入試に対応できる実践力を養いましょう。

受講者の合格体験談が届きました

講座の添削問題を繰り返し解いて志望校に合格できた

兵庫教育大学大学院 学校教育研究科に合格
兵庫県 メアリさん

私は特に英語が苦手で、高校で学習した内容もほとんど忘れてしまっている状態でした。そのため、最初は単語を覚えることから始めました。心理学の長文は専門用語も多いため、心理英語講座の特典についていた「テクニカルターム集」を用いて分野ごとに覚えていきました。添削問題は最初、辞書なしでは内容をなかなか理解できませんでした。そこで辞書を使いながらでも時間をかけ、提出日を決めて計画的に解いていきました…(体験談の続きを見る)

心理学初学者で大学卒業からブランクがある中でのスタート

目白大学大学院 心理学研究科に合格
東京都 N.Hさん

私は、心理学については初学者であり、大学卒業後から8年も経っている社会人です。この『臨床心理士指定大学院 入試対策講座』を申し込んだのは、臨床心理士を目指すことを決めてから1ヶ月後のことで、春入試の約半年前でした。当時、私は仕事を持っていたため、予備校に通うのは時間的にも費用的にも難しかったのです。そこで、通信講座を利用して受験勉強をすることにしました…(体験談の続きを見る)

講座の感想をインタビューしてきました

受講者からの講座の感想 心理学はゼロからのスタートでしたが、講座のおかげで合格できました!
臨床心理士指定大学院に向けて受験勉強するにも、仕事があったので予備校に通学する時間的余裕はありませんでした。今さら学生に混じって通学するのも気が引けましたしね(笑)。そんな折、添削指導や質問回答のサポート付きのこの講座をたまたま紹介されて、これなら自分でも続けられそうかなと思って選びました。
ゼロからのスタートだったので、最初は大変でした。でも、大学の心理学部で実際に使用されている専門書や参考書を繰り返し読んで、少しずつ知識を身につけていきました。
それでも、基礎力がなかったので、過去問を見てもサッパリ分からない状態でした。その点…(インタビューの続きを見る

大学院の合格実績
国公立
私立
北海道教育大学大学院 教育学研究科
弘前大学大学院 教育学研究科
東北大学大学院 教育学研究科
茨城大学大学院 教育学研究科
筑波大学大学院 人間総合科学研究科
横浜国立大学大学院 教育学研究科
名古屋大学大学院 教育発達科学研究科
大阪府立大学大学院 人間社会学研究科
兵庫教育大学大学院 学校教育研究科
島根大学大学院 教育学研究科
岡山大学大学院 教育学研究科
愛媛大学大学院 教育学研究科
九州大学大学院 人間環境学府 実践臨床心理学専攻
福岡県立大学大学院 人間社会学研究科
文教大学大学院 人間科学研究科
青山学院大学大学院 教育人間科学研究科
東洋英和女学院大学大学院 人間科学研究科
法政大学大学院 人間社会研究科
明治学院大学大学院 心理学研究科
目白大学大学院 心理学研究科
立正大学大学院 心理学研究科
山梨英和大学大学院 人間文化研究科
仁愛大学大学院 人間学研究科
中京大学大学院 心理学研究科
京都文教大学大学院 臨床心理学研究科
佛教大学大学院 教育学研究科
武庫川女子大学大学院 文学研究科
川崎医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科

その他の合格実績は大学院の合格実績をご覧ください。

指定大学院合格に徹底してこだわった講座

頻出問題を過去問から厳選 受講者専用ページ 当講座の教材では、臨床、発達、社会、認知、学習、統計・研究法といった臨床心理士指定大学院で出題されやすい分野の問題を、全国の指定大学院の過去問を分析して厳選しています。問題形式は入試と同じタイプのものを採用しているので、毎回の課題を本番さながらの感覚で取り組むことができます。しかも、過去問の傾向からトレンドの問題を使用しているので、入試本番で同じ問題が出題されることも!

基礎講座と完成講座 受講者専用ページ 心理英語と専門科目講座には、それぞれ【基礎講座】と【完成講座】をご用意していますので、ご自身の学習状況にあわせて最適レベルの講座を受講できます。
【基礎講座】は基本問題に沿って基礎心理学から臨床心理学まで幅広くカバーしていますので、初学者の方や心理学の勉強のブランクのある方にお勧めです。
【完成講座】は入試本番を意識した実践問題で構成されています。既習者の方や基礎講座を終えてさらにステップアップされたい方向けです。

マンツーマンの添削指導 あなたの解答に合わせた1対1の添削指導で、一人で学習していてもなかなか気づけない弱点を発見することができることでしょう。 さらに、構文・修飾関係・英文法・文脈・表現力といったポイントを押さえつつ、あなたの解答の癖を指摘し、改善点を提示します。 「分かりやすさ」に一番こだわったマンツーマンの添削指導を体感してみてください!

質問回答 教材や添削済み答案で復習していてもどうしても分からない部分があれば、質問事項を専用ページから送ってください。 専門スタッフが回答を作成し、早ければ翌日に返信いたします。 質問は365日24時間受け付けていますので、疑問に思ったらすぐに解決できて安心ですよ。


フォロー体制 万一答案の提出が遅れても大丈夫! 添削指導と質問回答はなんと1年間も有効なので、自分のペースにあわせて学習を進めることができます。 また、答案提出がしばらく見られない場合、フォローメールをお届けしますので、ついつい乱れがちになる学習ペースも修正することができます。

受講者だけの専用ページ 受講者専用ページ 当社の添削講座を受講すると、あなただけの受講者専用ページを開設します。
このページにアクセスすれば、添削問題(【問題号】【解答・解説号】)や自習用テキストのダウンロードだけでなく、答案のやり取りや質問投稿も専用フォームから簡単に行うことができます。ですから、パソコンの扱いが苦手な人でも安心して受講することができます。
また、勤務先や帰省先でも、このページにアクセスさえすれば学習や答案提出ができるので、場所を選ばず効率的に入試対策を進めることができます。

受講者だけの専用ページ 【基礎講座】【完成講座】のすべての講座のテキストの解答・解説は2013年に改訂されたDSM-5(『精神障害の診断と統計の手引き』第5版)にも対応しています。
今後は入試でも新しい診断基準であるDSM-5に基づいた問題が出題されると考えられます。ですが、日本の心理臨床現場ではDSM-IVが主に用いられています。そのため入試問題でもまだDSM-IVに基づいた問題も出題されているのが現状です。
今はいわば過渡期にあたるため、DSM-5に関してはこれだけは押さえておきたい変更点(広汎性発達障害から自閉症スペクトラムへの変更など)を中心に、従来の解説を見直してブラッシュアップし、DSM-5にも完全対応させました。
通信講座でDSM-5に対応している講座はまだあまりないので、これで最新の入試傾向にも対応できることでしょう。

臨床心理士指定大学院 入試対策講座 講座一覧
大学受験からブランクがあって英語には自信がない、心理系英文の読解や和訳が苦手という方は、この講座から始めてください。入試で頻出の分野である「社会」「発達」「認知」「心理療法」「精神疾患」「その他の心理学(学習・統計・研究法)」の6章構成。比較的難易度の低い問題を採用しているので、英語が苦手な方でも無理なく続けることができます。
専門科目の入試で問われる論述問題に対応するためには、心理学の専門知識と論述力が欠かせません。この講座では、臨床心理学の中でも特に重要な「カウンセリング」「精神分析」「心理療法」「発達障害」「精神医学」「統計・研究法」という6分野から、近年の入試で頻出のテーマばかりを厳選しました。字数の少ない問題をこなすことで、心理学の初学者でも専門知識と論述力が身につきます。
英文和訳、内容説明、要約といった入試同様の形式問題を収録した添削問題と、個別の添削指導で演習を繰り返します。そして、自習用テキストで問題に関連する心理学の知識を補完することで、合格に不可欠な実践力を養っていきます。「基礎講座」の学習を一通り終えた方や、心理学の既習者の方、倍率の高い難関指定大学院を目指す方向けの完成カリキュラムになっています。
自習用テキストで正しい論述の書き方を学び、添削問題で実践力を身につける。この2つのステップの学習法に個別の添削指導が加わった最強無敵のカリキュラムです。論述解答の作り方にはコツがあり、問題の種類や制限字数によって適切な論述方法は変わります。志望校の入試問題で600字以上という難易度の高い論述問題が求められるのであれば、この講座はオススメです。
「心理英語基礎講座」と「専門科目基礎講座」がセットになり、そこに特典の「1回分の研究計画書の添削指導」が特典として付いてきます!ですから、英語・専門科目・研究計画書の対策がこのセットだけですべてできてしまうんです。基礎講座は近年の指定大学院の過去問から厳選したテーマばかり。それほど難易度の高くない指定大学院であれば、この基礎講座セットだけで十分に対応できるはずです。
「心理英語完成講座」と「専門科目完成講座」がセットになり、そこに特典の「1回分の研究計画書の添削指導」が付くお得な内容です。完成講座は基礎を踏まえた応用問題が中心になっていますので、入試に向けてラストスパートをかけたい方に打ってつけです。大学院に提出する前に、一度研究計画書のチェックを受けておくことで、研究計画の完成度はぐんとアップすることでしょう。
「心理英語基礎講座」「専門科目基礎講座」「心理英語完成講座」「専門科目完成講座」の4講座からなる最強セットです。最初の3ヶ月は基礎講座で、次の3ヶ月は完成講座で学習することで、入試の全科目を突破する実力を養成することができます。しかも「2回分の研究計画書の添削指導」の特典付き。各講座を別々に購入するより、なんと20,000円以上もお得なセット内容です。

おすすめの受講パターン 他学部からの受験や、大学を卒業してからブランクのある方は、【基礎講座】で心理英語と専門科目の基本から勉強していきましょう。比較的取り組みやすい難易度で、かつ頻出のテーマの問題ばかりなので、無理なく学習を進めることができます。

おすすめの受講パターン 大学の心理学部に在籍している方をはじめ、すでに心理学のベースのある方は、【完成講座】で入試即応問題にチャレンジしてください。入試と同じ形式の問題をこなすことで、合格に直結する実践力が身につきます。

おすすめの受講パターン 各講座とも入試で出題されやすい英文だけを厳選しているので、読解力と和訳力を効率的に伸ばすことができます。特に英語が苦手で文法レベルから不安のある方は、【基礎講座】からの受講がおすすめです。

おすすめの受講パターン 自習用テキストと添削問題の2ステップの学習法で、論述解答の書き方を基礎から学びつつ、心理学の知識も同時に修得できます。【基礎講座】から受講するとかなり広範な知識を網羅することができます。

おすすめの受講パターン 【基礎講座】と【完成講座】を通して6ヶ月間、じっくり時間をかけて取り組むことで、心理英語と専門科目の力を基礎レベルから応用レベルまで養成することができます。心理英語全12回、専門科目全12回、合計24回もの添削指導を受けることができます。心理学初学者の方、大学3年生の方、入試まで6ヶ月以上ある方は、最初に【基礎講座】で心理学の基礎を学習し、その後で【完成講座】を受講して入試に備えて実践力に磨きをかけましょう。入試直前までフルサポートを受けたい方におすすめです。


2講座セット受講キャンペーン

『心理英語基礎講座』『専門科目基礎講座』『心理英語完成講座』『専門科目完成講座』の4つの中からお好きな2講座を一緒にお申し込みされた方には、「1回分の研究計画書の添削指導」を特典としてお付けします。

研究計画書は指定大学院に必ず提出しなければいけない書類であり、大学院での研究の方向性を記したもの。これをもとに面接では質疑が行われるので、研究計画書の出来は合格を大きく左右する材料の1つです。

タイトルの設定、研究の概要、研究に至る動機や背景、研究の具体的な内容や研究方法、予測される研究の見通し、参考文献の書き方といった、研究計画書の書き方の基本を添削指導します。

大学院に提出する前に一度、専門家のチェックを受けることで、研究計画書の完成度がアップすることは間違いありません。

4講座の中から組み合わせは自由自在。
基礎講座、完成講座それぞれの心理英語と専門科目の2講座をセット受講してもいいでしょうし、
英語が苦手な方は「心理英語基礎講座」と「心理英語完成講座」を一緒に受講してみましょう。
また、心理学の専門知識を重点的に深めたい方は、「専門科目基礎講座」と「専門科目完成講座」のセット受講がお勧めです。


基礎講座と完成講座 4講座フルセットキャンペーン

基礎講座と完成講座の4講座を一緒にお申し込みされた方には、「2回分の研究計画書の添削指導」を特典としてお付けします!

研究計画書の添削指導を2回も受けられるので、複数の大学院を受験する場合は、別々の研究計画書のチェックを受けることができますし、1度指導を受けた研究計画書を修正して再度提出することで、完成度のアップを図ることもできます。

つまり、研究計画書の添削指導が特典としてつくことで…

心理英語、専門科目、研究計画書という全科目の対策が一度でできるのです!!

基礎講座と完成講座のフルセット受講をされる場合は、最初の3ヶ月は基礎講座、そして次の3ヶ月で完成講座をこなすカリキュラムとなります。

基礎講座と完成講座のフルセットの受講スケジュール


4講座フルセット 特別価格

4講座を別々に購入すると通常は合計159,200円ですが、4講座フルセットを受講された場合の価格は、137,000円
バラバラに購入するよりも、なんと20,000円以上もお得です。

4講座あわせて合計で24回の添削指導「2回分の研究計画書の添削指導」の特典付きでのこの価格は、他のどの通信講座や予備校よりも、一番お求めやすい価格になっています。

臨床心理士指定大学院の入試対策を今から始める方、心理学の初学者の方、複数の指定大学院受験を予定している方には、この4講座フルセットを自信をもってお勧めいたします。

3つの安心サポート

各講座とも受講はお申し込み手続きの完了した翌週月曜日からの開始となります。
2016年12月期スタート生のお申し込みを開始いたしました。お申し込みの締め切りは

12月31日(土)

となります!

今回は指導できるスタッフの人数との関係から『臨床心理士指定大学院 入試対策講座』の各講座は

限定10名

で募集を締め切らせていただきます。


各講座は6回分の【問題号】【解答・解説号】のテキストと添削指導、そして、今なら自習用テキスト教材をはじめとする特典までが付いて、価格は予備校に通ったり、他添削講座を受講したりするよりもお手頃価格の



でご提供させていただきます。

基礎セット受講(心理英語基礎+専門科目基礎)の場合は、価格は2講座の合計で、79,600円
完成セット受講(心理英語完成+専門科目完成)の場合は、価格は2講座の合計で、79,600円
フルセット受講(心理英語基礎+専門科目基礎+心理英語完成+専門科目完成)の場合は、
価格は4講座の合計で、137,000円(別々に購入するより20,000円以上もお得)となります。

10名という限られた募集枠のため、お申し込みが殺到する可能性があります。
先着順で募集枠を埋める形となりますので、ご検討されている方はお早めにお申し込みくださいませ。

銀行振り込み・カード決済に対応

下記フォームに必要事項を入力し、「送信」ボタンを押してお申し込みください。

※クレジットカード決済をご希望の方は、下記お申し込みフォームで「クレジットカード決済」をお選びいただき、送信ボタンを押した後の画面で出てくる案内ボタンからクレジットカード決済ページに移り、手続きをお済ませください。

※Hotmail のフリーメールは講座に関するメールが届かないことがあるため、登録できません。フリーメールをお使いの場合は Gmail もしくは Yahoo Mail のご利用を推奨いたします。

臨床心理士指定大学院 入試添削講座 お申し込みフォーム
お申し込み内容  心理英語基礎講座
 専門科目基礎講座
 基礎セット受講 (心理英語基礎+専門科目基礎)
 心理英語完成講座
 専門科目完成講座
 完成セット受講 (心理英語完成+専門科目完成)
 心理英語基礎講座+心理英語完成講座 (心理英語が苦手な方に)
 専門科目基礎講座+専門科目完成講座 (論述問題が苦手な方に)
 心理英語基礎講座+専門科目完成講座 (論述は得意だけど、英語は基礎から)
 心理英語完成講座+専門科目基礎講座 (英語は得意だけど、論述は基礎から)
 4講座フルセット受講 (基礎2講座+完成2講座)

※お好きな2講座の同時受講で「1回分の研究計画書の添削指導」が、
4講座フルセット受講で「2回分の研究計画書の添削指導」が特典として付きます。
支払い方法  銀行振り込み
 クレジットカード決済
メールアドレス
郵便番号
(例:107-0052)
都道府県名
住所
(都道府県以下の住所)

(例:東京都港区赤坂1-4-14 ダイヤモンドマンション501)
電話番号
(例:03-3339-6998)
ご質問・お問い合わせ
※当講座に関するご質問等がありましたら、ご記入ください


添削講座のお申し込みを迷っている方は

臨床心理士指定大学院通信添削講座 資料 当社の講座のお申し込みを迷われている方に、『臨床心理士指定大学院 入試対策講座』のパンフレットを無料でお届けします。
パンフレットには臨床心理士に関する基礎知識、この講座の内容、学習サイクルなどが詳細に記載されていますので、ご一読いただければ、基礎講座と完成講座をより具体的にイメージしていただけるはずです。

パンフレットをご希望の方は下記フォームから必要事項を入力して「資料を請求する」ボタンを押すだけで手続きは完了です。
近日中に入力いただいたご住所宛に発送させていただきます。



臨床心理士指定大学院 入試添削講座 資料請求フォーム
郵便番号 (ハイフン付でご記入ください。例:107-0052)
都道府県名
住所
(都道府県以下の住所)
 
※資料をお届けする住所を正確にご記入ください。
(例:東京都港区赤坂1-4-14 ダイヤモンドマンション501)
メールアドレス  
※資料の発送が完了しましたら、メールでお知らせします。