合格実績

仁愛大学大学院 人間学研究科 合格

講座を受講していなければ合格していなかったと思う

福井県   ぷぅ さん

受講講座: 心理英語講座  専門科目講座  研究計画書講座

入試年:2020年度・秋入試  合格

合格校: 仁愛大学大学院  

過去問を見て自分の実力が足りないとわかって受講を決意

私は大学入学時から大学院への進学を考えていました。ただ大学3年生の9月頃までは何もしていませんでした。その頃から過去問をもらったり、市販の大学院受験用の参考書などを用いて自分なりに単語をまとめたり、英語の問題を解いたりしていました。ただ、過去問を見直した際に、単語力や英語の問題数が足りないと感じました。その時に見つけたのが『心理系大学院 入試対策講座』でした。テキストが届いて問題を一通り見た時に解ける問題はありませんでした。この講座の受講を始めたのは、11月の終わりだったので、単語のまとめは、50単語は終わったような状態でした。当初は焦りましたし、長い時間をかけてまとめをしても頭には入っておらず、問題は解けないことがわかりました。早くから受講を始められたのが幸いで、その後何度も問題を解くことができました。

添削済みの答案は解答・解説以上に詳しい説明がされていた

専門科目の勉強法としては、本当に問題が解けなかったので、一周目はノートにまとめて、知識を増やしました。最初の答案はノートを見ながら提出していました。何度も問題を解くうちに、各問題に対するキーワードが重要だと気づき、キーワードをしっかり押さえて、徐々に自分の言葉で書けるようになりました。
心理英語の勉強法としては、高校の頃から英語は苦手でずっと避けてきたので、1回目はフィーリングを交えつつ単語を調べて提出しました。その際の添削指導で、単語・熟語一つ一つを丁寧に訳すことが重要だと指摘を頂いたので、大学受験の単語帳と熟語帳と『心理院単』を覚えるようにしました。ただ、英単語の勉強は隙間時間にしたかったので、散歩をしながら、朝・昼・晩と英単語を音読しました。コロナの影響で、大学の授業もオンラインでずっと部屋に引きこもっていて、あまり健康にも良くない状態だったので、いい気分転換にもなりました。
添削問題については、専門科目も心理英語も過去問を見て、類似問題や出そうな問題を提出しました。さらに専門科目の添削問題は、フォローメールでアドバイスを頂いた問題を提出したり、わからない問題を提出したりしました。添削してもらった答案は解答・解説以上に詳しい説明があったので、添削指導後は苦手だった問題も意識してキーワードを押さえられるようになりました。

無茶苦茶な研究計画書も丁寧に添削指導してくれて嬉しかった

研究計画書については、興味のある分野はありましたが、やってみたい研究がまだ具体的には決まっていませんでした。なので、1回目は無茶苦茶な研究計画書を提出しました。それでも、丁寧に添削してくださり、何度も論文を読んで、徐々にやりたい研究が明確になりました。3回目では、先行研究をある程度押さえられた研究計画が書けたと思います。ただ、修士論文では難しい内容だったので、添削された内容をもとに書き直し、受験しました。研究計画書は目的が決まるまでが大変で、特に、1、2回目の答案では、添削指導を見て落ち込みました。それでも、無茶苦茶な研究計画書を丁寧に見てくださり、毎回お褒めの言葉を頂けるのが本当に嬉しかったです。試験の面接では、面接官の先生に、「丁寧に調べてあって、よくできている」と言われ、ほとんど質問されませんでした。

講座を受講していなければ合格していなかったと思う

近くに予備校がないため、予備校がいくらかかるのかは知りませんが、単純に3講座受講で約12万円というのは大きなお金だと思います。だからこそ、真剣に取り組もう、合格しようと思えますし、想像している以上に丁寧に添削してくださります。もちろん、勉強したすべての問題が出るわけではないです。しかし、大学院の受験を考えられている方は、これから心理学を専門にして大学院で勉強し、英語の論文を読み、研究して、社会に出ようとしている方だと思いますので、必ず勉強したことはいつか役に立つはずですし、お金以上の価値あるものが得られると思います。コロナの影響もあり、一人での受験勉強の時間が多く、試験の数ヶ月前は辛かったです。ただ、添削指導があることで、人に見てもらえる安心感があり、そして褒めてもらえることで、モチベーションを保つことができました。独学で添削問題以上のことをするのは大変ですし、時間もかかると思います。だからこそ、講座を受講していなければ合格していなかったと思いますし、それぐらい知識や勉強に対する意識や答案の書き方も変化しました。今は、本当に受講してよかったと思っていますし、感謝していますし、大学院での勉強や実習、研究が楽しみです。受験生の皆さんには、バイトをしたり、友達と遊んだり、趣味を楽しんだりして、気分転換をしながら、自分のペースで頑張ってほしいと思います。合格通知を受け取ったときは泣き叫ぶほど嬉しかったです。

無料資料請求はこちらからどうぞ

当社の添削講座にご興味のある方に、『心理系大学院 入試対策講座』のパンフレットをお届けします。パンフレットには心理系大学院の受験の流れ、講座の詳細内容、学習サイクルなどが詳細に記載されていますので、ご一読いただければ、当講座のことをより具体的にイメージしていただけるはずです。

郵便番号 (ハイフン付でご記入ください。例:107-0052)
都道府県名
住所(都道府県以下の住所)
※資料をお届けする住所を正確にご記入ください。
メールアドレス
※資料の発送が完了しましたら、メールでお知らせします。
心理英語講座 心理系大学院 専門科目講座 心理系大学院 研究計画書講座

心理系大学院入試対策講座・合格校一覧