• HOME
  • 合格者の声
  • 自分のペースで勉強できる通信講座はとても助けになってくれた

合格実績

大阪大学大学院 人間科学研究科 合格
兵庫教育大学大学院 学校教育研究科 合格

自分のペースで勉強できる通信講座はとても助けになってくれた

京都府   K.H さん

受講講座: 専門科目講座  研究計画書講座

入試年:2019年度入試  合格

合格校: 大阪大学大学院  兵庫教育大学大学院  

先輩や先生に気軽に指導をお願いできない状況だった

私が講座を申し込んだのは、学部4年生の5月でした。秋入試の願書申し込みを数ヶ月後に控えた頃で、研究計画書の作成を独学でやることへの限界を感じていました。私は心理学部に在籍していたので、ゼミの先輩や指導教員に研究計画書指導をお願いすることも可能でしたが、先輩方や先生方が多忙であることや他大学の大学院を受験することもあって、気軽に指導をお願いすることができませんでした。そこで、同じく心理系大学院を受験する友人の勧めでこちらの講座の受講を決めました。

講座では研究計画書を初歩から丁寧に細かく指導してもらった

私の志望校の研究計画書は字数が2000字程度ということもあり、まず何から書けばいいのかもわからない状態だったので、最初は枠組みに沿って書き、段階を経て計画書を完成させていく「研究計画書講座」はとてもありがたかったです。また、添削指導が本当に丁寧で、初歩の部分についてもかなり詳細に指導していただきました。そうした添削を経て書いた研究計画書を先輩の院生や指導教員に見ていただくことでさらにブラッシュアップすることができました。実際の大学院入試の面接では、添削指導で指摘された部分を聞かれましたが、その部分については説明できるようにかなり練習していたので、落ち着いて答えることができました。研究計画書はその専門分野の方に何度も見てもらうべきであると実感しました。

専門科目はとにかく手を動かして論述する訓練を繰り返した

私は「研究計画書講座」の他に、「専門科目講座」も受講していました。私は講座の自習用テキストを常に持ち歩いて、電車に乗っている隙間時間などにずっと読んでいました。自習用テキストは、心理系大学院入試を突破するには必要不可欠なトピックばかりだったので、何度も繰り返し読んだり解いたりして、特に重要なトピックに関しては、そのトピックの論述に必要な専門用語を抜き出して小さなメモにまとめ、歩きながら頭の中でまとめる練習をしていました。また、添削問題冊子には、少しレベルが高めの論述問題が収録されており、かなり実践に近い形で論述の練習をすることができました。添削指導では、論述する際の基本的な型を教えていただけるので、いざ入試本番で問題を解くときには、解答に必要な専門用語を箇条書きにして、あとは基本の論述型に沿って書けたので無駄に焦らずに済みました。私の志望校は、論述問題が中心だったので、受験勉強ではとにかく手を動かして論述する訓練を繰り返しました。受験勉強を始めた際は、「この単語についてふわっと知ってはいるけど、論述はできない」ということが多かったので、とにかく書きました。

入試対策で重要なのは時間管理と過去問研究

大学院入試対策で重要だと感じたことは、時間管理と過去問研究です。私が受験勉強を本格的に始めたのは、学部3年生の2月頃で、卒業論文の執筆も同時に行う必要がありました。また、アルバイトも受験ぎりぎりまでやっていたので、アルバイトや卒論の実験に疲れて、なかなか受験勉強に手がつかない時もあり、かなり焦った時期もありました。ですが、直前の8月、9月は毎日学校の図書館に朝9時くらいから22時までこもりっきりで勉強しました。私は第一志望の大学院の秋入試には一度落ちてしまい、春入試での合格でしたが、この春入試の時期と卒論の提出、ポスター発表や試問会が被ってしまい、入試直前にしっかり勉強時間が取れていたとは言えません。しかし、夏にかなり集中的に自分を追い込んだおかげで春入試を突破できたんだと思います。さらに言えば、秋入試より春入試の方が受かりやすいと私は感じたので、入試のチャンスがあるなら諦めずに粘ることも重要だと思います。
過去問研究についてですが、私の志望校の問題は、指導教員となる先生方の専門分野がかなり色濃く反映されているので、早い時期に手に入るだけの過去問すべてに目を通し、受験勉強の方向性を決めました。受験勉強の方向性を決めた後は、指導教員となる先生方が執筆された本や参考書を図書館で借りて読み、重要単語をノートにまとめました。大学院によって、問題の出題形式も出題範囲も異なると思うので、志望校を決めた段階で過去問を手に入れて、しっかり過去問対策をすることが、大学院入試ではかなり重要だと感じました。

自分のペースで勉強できる通信講座はとても助けになってくれた

今現在、大学院受験を考えていらっしゃる方の中には、不安を抱えている人もいると思います。大学の受験勉強と比べて圧倒的に与えられる情報量は少ないし、お仕事を続けながらの受験で勉強時間の確保が難しいといった問題もあるかと思います。そんな大学院入試だからこそ、自分のペースで勉強できる通信講座はとても助けになってくれたと私は感じました。最後になりますが、体調には気をつけて、あまり焦りすぎずに受験勉強に臨んでください。皆様の合格をお祈りしています。

無料資料請求はこちらからどうぞ

当社の添削講座にご興味のある方に、『心理系大学院 入試対策講座』のパンフレットをお届けします。パンフレットには心理系大学院の受験の流れ、講座の詳細内容、学習サイクルなどが詳細に記載されていますので、ご一読いただければ、当講座のことをより具体的にイメージしていただけるはずです。

郵便番号 (ハイフン付でご記入ください。例:107-0052)
都道府県名
住所(都道府県以下の住所)
※資料をお届けする住所を正確にご記入ください。
メールアドレス
※資料の発送が完了しましたら、メールでお知らせします。
心理英語講座 心理系大学院 専門科目講座 心理系大学院 研究計画書講座

心理系大学院入試対策講座・合格校一覧