合格実績

兵庫教育大学大学院 学校教育研究科 合格
鳴門教育大学大学院 学校教育研究科 合格

答案を提出するにつれて、臨床心理士への気持ちも高まった

兵庫県   Y さん

受講講座: 心理英語講座  専門科目講座 

入試年:2015年度・秋入試  合格

合格校: 兵庫教育大学大学院  鳴門教育大学大学院  

自分の勉強方法を見直すために受講を決意

私は大学4年生の時に大学院受験に失敗したので、これまでの自分の勉強方法を見直すために『心理系大学院 入試対策講座』を受講することにしました。基礎から添削指導をしていただける上に、分からないところを質問できるという環境にとても魅力を感じました。独学では調べても理解できなかったことも、詳しく丁寧に教えてもらえます。

一文一文まで細かく添削してもらえて分かりやすかった

英語は昔から苦手科目で、心理英語となると専門的な単語や表現も多くあるため、一からしっかり勉強したいと思い、基礎講座を選択しました。問題は心理系の長文英語の読解や和訳で構成されており、一文一文まで細かく添削してもらえて、すごく分かりやすかったです。最初は英語の辞書を引きながら取り組みました。そのうちによく出てくる表現や単語に気づき、その単語をノートに書いて覚えるようにしました。解説には辞書に載っていない専門用語(テクニカルターム)がまとめてあり、それもノートに書いて覚えるようにしました。長文読解は、多少分からない単語があってもまずは一通り目を通すようにしました。すると慣れてくるにつれて、英単語から書かれている長文の内容を予想できるようになりました。完全な要約はできなくても何となく感覚がつかめるようになっていったように思います。試験では時間配分も大事なので、次の段階では設定されている目安時間の間でどれだけ解くことができるかを試したり、一度やった問題をもう一度解いてみて、どれだけできるようになったかを比較したりしました。スラスラ解けるようになる程にはできませんでしたが、添削の評価が少しでも上がった時はすごく嬉しかったです。

専門科目で勉強したことが心理英語の解読にも役立った

専門科目については、昨年度の独学での入試勉強を含め、ある程度勉強をしてきたつもりでしたが、実際は文章がうまくまとまらなかったり、説明するのに必要なワードが抜け落ちていたりと、講座を始めてみて改めて自分の欠点に気づくことができました。数多くある覚えるべき内容を一問一答のように書いていた勉強法では、理解できていないことがほとんどでした。この講座では、設問に対する正しい解答の仕方や心理用語を説明するために必要となるキーワード、それを説明するための言い回しなど、ただの暗記ではなく理解して自分のものにしながら勉強することができました。また解説には予備知識や関連するワードの補足などもあり、深く広く学習することができたと思います。ノートにまとめる際にも用語を関連づけて書いたり実験や事例を一緒に調べて書いたりすることで、勉強の効率も理解度も上がり、短期間ですぐに成果が出ました。何より内容が実際の入試に基づいているので、入試問題のリハーサルを積み重ねていくような感覚で添削問題にも取り組んでいけました。また専門科目で勉強した内容が心理英語の読解に大いに役立ちました。実際の入試でも、専門科目で学習した内容の英語問題が出題され、はじめて英語で「できた」と感じることができました。反対に心理英語で学習した内容に関連するワードが専門科目の試験に出てくることもありました。専門科目の幅広い出題範囲の中には、聞いたことはあっても説明することやそれについて述べるまでの知識量はないといった問いもあり、その時に心理英語で学習した内容の関連ワードが役立つ場合もありました。

講座での勉強が自信につながり、落ち着いて試験に取り組めた

研究計画書は面接試験においてとても重要な書類なので、自分だけで完成させるのは悩みや不安がたくさんありました。そのため、研究計画書の添削指導もしてもらえることは、この講座を申し込むことを決めたポイントになりました。テーマ、背景、内容、研究方法や見通し、文献まで具体的に添削していただき、何をどの程度書くべきか客観的な視点でアドバイスがもらえました。研究計画書の対策とともに面接対策としてこのような指導を受けられる機会はないので、添削後も非常に重宝しました。
本番では周りの人は頭がよさそうに見えたり筆記も面接も緊張したりしますが、自分だけではなく皆が緊張しているものです。そんな中でも、この講座を受講して勉強してきたことが自信につながり、落ち着いて試験に取り組めました。入試本番では、内容はもちろん問題の傾向や字数の制限など、講座の問題でやってきたことと同じような形で問われたことが、焦ることなく解答できた一因であったと思います。

答案を提出するにつれて、臨床心理士になりたい気持ちも高まった

講座と研究計画書以外にも、願書を書く時に困ったことや添削問題にはないパターンの問題への解答方法など分からないことや悩みを相談すると、随時丁寧な返信で対応していただけたことがとても大きな心の支えとなりました。講座を受けることで勉強の計画を立てやすく、勉強の習慣と方法が身につくと同時に生活リズムを整えることにもつながりました。そして、文面でのやり取りではありますが、温かい言葉がけや具体的なアドバイスにとても励まされ、対人指導を受けているような感じでした。また添削問題を提出するにつれて、勉強のやる気はもちろん、臨床心理士になりたいという気持ちも高まっていったように思います。
合格できたことは信じられないほど嬉しかったです。本当にありがとうございました。臨床心理士として職に就けるよう、これからもたくさんのことを吸収して学んでいこうと思います。

無料資料請求はこちらからどうぞ

当社の添削講座にご興味のある方に、『心理系大学院 入試対策講座』のパンフレットをお届けします。パンフレットには心理系大学院の受験の流れ、講座の詳細内容、学習サイクルなどが詳細に記載されていますので、ご一読いただければ、当講座のことをより具体的にイメージしていただけるはずです。

郵便番号 (ハイフン付でご記入ください。例:107-0052)
都道府県名
住所(都道府県以下の住所)
※資料をお届けする住所を正確にご記入ください。
メールアドレス
※資料の発送が完了しましたら、メールでお知らせします。
心理英語講座 心理系大学院 専門科目講座 心理系大学院 研究計画書講座

心理系大学院入試対策講座・合格校一覧